« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

ナニワイバラも咲きました

Cimg1470a 道路側のフェンスに絡ませたナニワイバラです。

昨年まではフェンスいっぱいに絡ませていて、それは見事だったのですが、あまりの成長ぶりに手入れが追いつかず、結構棘もしっかりあるし、もし自転車通行の人にでも引っかかったら、と心配で思い切ってバッサリ整理してしまいました。

Cimg1478a 欲しくて探して手に入れたバラですが、ここまで勢いの強いバラと思わず、道路側に植えたのが間違いでした。

かわいそうに今年は花もあまり咲かず、元気がありません。

小さなアーチに絡ませてしまったモッコウバラといい、このナニワイバラといい、大きくなりすぎて失敗してしまいましたが、これからはしっかり剪定してほどほどの大きさを保っていこうと思っています。

Cimg1406a ユキヤナギの円形花壇の今の様子です。

クリスマスローズの花が大分色あせてきて、変わりにワスレナグサの小花が、ブルー、ピンク、ホワイトと色とりどりに咲き競っています。

このワスレナグサは、全部こぼれ種で、芽をだしたものです。

何色の花が咲くかな~と楽しみにしていましたが、上手に彩りもよく3色取り混ぜて咲いてくれました。

Cimg1377a

| | コメント (10)

キモッコウバラと牡丹です

Cimg1359a

ウッドデッキのフェンスに絡ませたキモッコウバラが、見ごろになりました。

Cimg1408a_2 リビングから、ちょうど真正面にいっぱいの黄色の花が広がっていて、お部屋にいながら春を楽しんでいます。

Cimg1400aわりと早くからつぼみを持ったのに、中々咲かなくて、まだかな~と待ちわびていた ピンクの牡丹が、やっと咲き出しました。

今年は数えてみたら16個もつぼみがありました。スゴイ、スゴイ。家ではこれが最高記録です。

最初のうち、どうやって剪定すればいいのかわからずに、そのまま大きくしてしまったので、かなり背高のっぽさんですが、庭の出入り口から、ちょうど見やすい位置にあるので、通りがかりの人たちからきれいに咲いてますねと、よく声をかけてもらえます。

Cimg1388a 鮮やかな朱赤色の牡丹です。

まだ小さな株ですが、とても鮮やかな色なので、大きくなるのが楽しみです。

あと他に本当の牡丹色と、ちょっと明るめの牡丹色の2種がありますが、まだつぼみなので、咲いたらまたアップします。

今日はいい天気だったのに、さっきから変な風が吹いてきて、大雨注意報まで出ています。咲き出したばかりの牡丹が気になって、あわててビニール袋をかけてきました。牡丹が咲いている時季は、せっかく咲いた牡丹を駄目にしたくなくて、ビニール袋をかけたり、はずしたりジッとしていられないんです(笑)

| | コメント (11)

ラッキーの遊ぶ庭です

Cimg1330b_1 ピンクの大きな花が咲くツツジが、見ごろになりました。

一見、シャクナゲが咲いているのかと思うくらい花がまとまって咲くので、シャクナゲツツジと勝手によんでいますが、ほんとの名前は知りません。

ツツジの間に見えるこんもりした葉はシモツケです。

その向こうに白っぽく咲いて見えるのは、クレマチス・モンタナです。

ここは、家の南側になりますが、レンガを広めに敷き詰めて家の周りにロープをわたして、ラッキーが、動きやすいようにしてあります。

Cimg1327a Cimg0962a お花の向こう側に見えてる青い屋根の小屋が、ラッキーのオウチです。

私の家は縁の下が高い上に囲いが無くて、人間でも中に入れるほどの縁の下なので、この縁の下も、ラッキーのオウチになっています。

夏の暑いときは涼しくて風通しも良いので、ラッキーの避暑地になります。

Cimg1355a この南側庭の、つきあたりがカロライナ・ジャスミンの垣根になってます。

今の時季、藤色のクレマチスがたくさんの花を咲かせてくれて、カロナイナ・ジャスミンの黄色の花との組み合わせがベストマッチで、とてもいい雰囲気になっています。

Cimg1286aCimg1134a 足元には、シラユキゲシが咲いています。

この花は、ケシの仲間ですが、ハート形の柔らかな葉と、長く伸びた花茎に真っ白な花の咲く姿は、山野草の雰囲気で、とても清楚なかわいい花です。

Cimg1328a Cimg1329a 知り合いに分けてもらったのですが、増えて困るほどだよと、念を押されました。

まだ今のところ、困るほどには増えてませんが、その内にはの 、お嫁入り候補かもしれません。

| | コメント (13)

ルナリア(オオバンソウ)の花です

Cimg1384a_1 ルナリアの花は、くっきりとした赤紫色のとてもきれいな花です。

花の終わった後の実が、平べったい楕円形のサヤの中に入っていて、そのサヤの形が大判のような形をしているので、オオバンソウともいうようです。

そして、そのサヤの形からルナ(ラテン語の月の意味)草というそうです。

8年位前に、たった一ついただいた株を大事に育てて増やしてきましたが、その時は金のなる木と教えてもらいました。ゴウダソウ(合田草)ともよばれているみたいです。

Cimg1297a_1 この、ぺったんこのユニークなサヤは、サヤの両側からそっと剥がすと、半透明の膜が残って、キラキラ光った豪華なドライフラワーに変身します。

Cimg1298a 花の色は紫色と、ほかに白色があるようですが、家のは紫色です。

でも、たった一輪ですが、紫色と白色の混ざった花が咲きました。

新種かも?

6月~7月頃には、実がなってサヤも大きくなるので、その頃にまた実のアップをしますね。

| | コメント (11)

日本桜草とアキレギア(西洋オダマキ)です

Cimg1317a 日本桜草がきれいに咲きました。

これは鉢植えにしてあります。

2月頃に根をほぐして植え替えしたので、しっかり増えてくれましたが、地植えにしたらどうなるのかしら。

お友達は地植えでもちゃんと出てきたと言ってましたが、以前地植えにして出てこなかったことがあるので、ちょっと不安です。

でも、今年は株がたくさん増えたので、半分くらいを地植えにして又試してみようと思ってます。

Cimg1255a Cimg1304aアキレギア(西洋オダマキ)の、ノラ・バーロウです。

普通のオダマキよりも、背がスラッと高くて花は八重咲きです。

ノラ・バーロウには、いろんな色がありますが、これは白と薄いピンクのミックスです。

もう4年位前に苗を購入してからずっとその種を採って蒔いて育ててます。

Cimg1313a Cimg1236a これも同じ種類ですが、わりと濃いピンク色です。

こちらは、上の花より背が大分低いです。

種の採り蒔きなので、まったく同じものではなく、変わり種のようなものが出てくるようです。

でも、この花を見た人からは、「かわいい、かわいい」と一番人気なので、毎年種を採って増やしてます。

| | コメント (8)

クレマチス・モンタナとイカリソウ、三種

Cimg1247a とても淡いピンクの花がいっぱいに咲く、モンタナ・ルーベンスですが、今年はちょっとピンクの色が薄いような気がします。

Cimg1211a 淡いピンクの花が開花していくにつれて、反り返るように開いてきます。

やっぱり、昨年の方がもっとピンク色が強かった感じがしますが、一面に花をつけるので、とてもきれいです。

Cimg1093a Cimg1096aイカリソウの紅色が咲きました。

とてもきれいな紅色なので、私はこの花を見るとウキウキしてしまいます。

Cimg1214 イカリソウの白色も、咲いてきました。

白色なのですが、付け根のあたりはほんのりピンク色です。

Cimg1268a 光線の具合で、ちょっと藤色のようにも見えるときがあります。

この白色のイカリソウの花が家のイカリソウの中では花の大きさが、一番小さいです。同じイカリソウでも、色によって花の大きさも違うようです。Cimg0986a_1

一番、花が大きくて、素敵だなーと思うのは、やっぱり最初に咲いた、イカリソウ・源平です。

| | コメント (7)

難を逃れたチューリップ達

Cimg1128 ポエポエの花園に、夜毎出没する謎のカイジュウが、チューリップの球根を食べつくしている事は、以前お知らせしましたが、それでも、かろうじて生き残ったチューリップ達が咲き出しました。

カイジュウは、なぜか赤色のチューリップはあまり好まないようで、咲いてきたのは赤いチューリップがほとんどです。

Cimg1129 Cimg1133カイジュウが、チューリップの球根だけを食べていると思ったのは大間違いで、咲いてくるのを楽しみにしていた変わり咲きの水仙は、とうとう一つも姿を見せなかったし、百合も いつもの場所に芽がでてきません。

デージーの鉢上では、昨日まで鉢いっぱい咲いていたデージーが丸坊主にされ、よく思い出してみたら、秋には植え込んだばかりのハボタンが、次の日には茎だけになっていましたっけ。

この先、この姿無きカイジュウと、どう付き合えばよいのか途方にくれるポエポエです。

| | コメント (4)

生け花展と食事会

Cimg1153a 14日(土)・15日(日)に博物館で、市の主催する「生け花・フラワーデザイン展」があって、りりぃ先生のご指導の下、メンバーの人たちと一緒に、私も出品しました。

花材は、グロリオサ、テンモンソウ、スチールグラスです。

生け花展の片づけが終わった後、先生を囲んで皆でオツカレサマの食事会をしました。

Cimg1173 Cimg1174 食事会は、皆のお気に入りの、「かいせき・井中居」(青梅市)です。

前菜にカタクリ、椀盛に二輪草と春の花をあしらい、おしゃれな演出です。Cimg1175Cimg1176 Cimg1177 

お造り、岩魚の唐揚げ、筍の土佐煮、山菜の酢の物。そして、筍のおこわにはツクシが添えられていました。Cimg1178 Cimg1179

Cimg1180 おいしい食事と楽しい会話で、大満足の一日でした。食事に夢中で、写真撮るのハショッタ物もありますが、大体お品書きの通りです。

こんな贅沢な日があっても、たまにはいいですよね。

| | コメント (12)

カロナイナジャスミンのフェンスです。

Cimg1138a 玄関側のフェンスには、カロナイナジャスミンをからませてあります。

カロナイナジャスミンが、いっぱい花を咲かせ、その上にモミジが、紅い新芽をいっぱいに広げて、今の時季はとても色のコントラストがきれいです。

カロライナジャスミンの左側の木は椿です。いつもの年なら今頃はまだ椿も咲いているのですが、今年はもう散ってしまいました。

Cimg1115a Cimg1116a カロナイナジャスミンは、とても丈夫で、どんどんツルを伸ばして茂り過ぎるので、花の終わった後に、かなり大胆にツルをカットしてしまいますが、それでも毎年たくさんの花を咲かせてくれます。

ジャスミンといっても、あまり香りはありません。

Cimg1140a フェンスの内側、玄関の左側通路で、ここも、レンガを敷きました。

ピンクのツツジが咲いてきました。その隣には真っ赤なツツジが植えてありますが、こちらはまだ咲いてません。

紫陽花、沈丁花、椿と植えてあって、こちら側の庭はどちらかというと、和庭です。

Cimg1141a Cimg0970a カメラを持って傍をウロウロしてるので、ラッキーが、早く散歩に連れて行ってと、さっきから待ちかねています。

今行くから、ちょっと待ってね。

| | コメント (8)

セイヨウシャクナゲそしてシャガ

Cimg1036a Cimg1084a

びっくりするほど派手で人目を引くセイヨウシャクナゲの花が咲きました。

昨年あまりたくさん花を咲かせすぎたので、今年は花数が少ないようです。

Cimg1031a Cimg1033a

シャガの花も咲き出しました。

ランナーを出して、どんどん増えてくれます。

以前はシャガの花を群生させてた事もありますが、葉先がすぐ痛んでしまい、枯れた様になって見苦しくなるので、今は少なめに植えてあります。

でも、とても風情のあるすてきな花です。

Cimg1047a Cimg1020a

アジュガ(ジュウニヒトエ)の花が大きくなりました。

この花もランナー で増えていきます。

紫がかった葉が冬でも残ってグラウンドカバーとして、とても重宝します。

Cimg1045a 花はブルーの小さな花が塔のように連なって咲いています。

群生させて青い花をたくさん咲かせると、とてもきれいです。

Cimg1063a ヤエヤマブキの花も咲きました。

しなやかな枝先に八重の花がかわいらしく咲きました。

これは、お友達が挿し木したのを昨年もらいました。

Cimg1049a

スミレのカーペットも、できました。

けっこう、大き目の花なので、これだけまとまると、とても素敵です。

| | コメント (8)

あこがれのウッドデッキ

Cimg0926a_1 サン・ルームと共にウッドデッキは私の憧れでした。

それで、リフォームした時に贅沢にも、ウッドデッキも造ってもらいました。

厳密に言うと、ウッドデッキ風の樹脂加工デッキです。

これならメンテナンスの心配もいらないし、いつまでもきれいのままでいてくれますから。

Cimg1013maru これが、リビングから見たデッキの様子です。

リビングからは、直接デッキに出られるようになってます。

ウッドデッキにする前は、フェンス越しに木が植えてあって、かなり大木になっていたのを、全部伐ってデッキに替えたので、部屋がとても明るくなりました。

Cimg0927aフェンスの向こうは道なので、目隠しの為フェンスは高くしてあります。

ウッドデッキが、リビングに広がりをあたえてくれて、まるで一部屋増えたような感じになって、とても満足しています。

| | コメント (7)

トキワヒメハギの花です

Cimg0705a ポリガラ・トキワヒメハギの花です。

花弁の先端が黄色で紫紅色の花びらとのコントラストがきれいでかわいい花です。

Cimg0454a 今年で3年目の鉢植えで、地植えにしたのは駄目になってしまったので、あまり寒さに強くないのかもしれません。

ヒメハギの名前のように、花がハギの花に似ているような感じです。

Cimg0427a こちらは、カランコエ・ミラベラです。

カランコエのエンゼルランプと同じ仲間です。

Cimg0428a 鮮やかなオレンジ色の提灯状の花がたくさん咲きます。

この花も、もう3年以上たっている株で、すごく暴れていてひどいことになっています。

植え替えて剪定してあげなくては、と思いつつ、暴れ放題にさせたままです。

| | コメント (5)

イカリソウが咲きました

Cimg1006a イカリソウは、その花姿が船の碇(いかり)に似ていることから、イカリソウとよばれるそうです。

この花はイカリソウ・源平です。薄いピンクと白の、色のコントラストの美しい花です。

Cimg0989aCimg0986a イカリソウには、いろいろな色の種類があって、家にも白色や紅色の花もあるのですが、まだ咲いてないので咲いたらアップしますね。

イカリソウは楚々とした優しい風情の花で、茎もとても細くて、触れれば折れてしまいそうな感じですが、見た目より意外と固くてしっかりしています。

Cimg1011a この花も、雰囲気は違いますがイカリソウの仲間です。

ウメザキイカリソウの黄花です。

花が、イカリの形ではなく梅の花に似た形ですが、葉はハート形のイカリソウの葉です。

| | コメント (8)

4月の庭です

Cimg0972a 花壇では、いろんなお花が咲き出して、だんだん華やかになってきました。

一番手前の濃いピンク色は芝桜で、赤く咲いてるのはアネモネ、ブルーはムスカリ、手前の黄色はビオラで真ん中のレモンイエローがリナリア、紫色はビオラ、白いのはスノーフレークです。後方で藤色に見えているのはムラサキハナナです。

Cimg0945a ここが、アーチの下のレンガ通路です。両側にラムズイヤーを植えてあります。

ラムズイヤーが大きく茂ってくると、夕暮れ時の薄暗い庭に、ラムズイヤーの葉の銀色の群生が、なんともいえない不思議な雰囲気をかもし出してくれます。

Cimg0975a 私の好きなコーヒータイムは、奥のベンチでとってます。

手前に植えてあるのは、黄金シモツケ・レインボーです。

ライム色の葉で先端が赤く色づき、葉の色合いがとてもきれいで、パッと人目をひきます。

いまは芽出しの時期なので、特にきれいです。

6月頃からピンク色のかわいい花が咲いて、秋には全体が赤く紅葉します。私のお気に入りの木です。

Cimg0902a ベンチに座って見ている庭の様子です。

まだ、雪柳が真っ白な花をきれいに咲かせています。

雪柳の木の根元には、クリスマスローズが今を盛りと咲いています。

一雨ごとに、木が芽吹き草花が大きくなって、庭の表情が日々変わっていきます。

| | コメント (10)

コチョウラン(胡蝶蘭)

Cimg0879a Cimg0866a ファレノプシスです。昨年10月にいただいた鉢です。

家には温室がないので、たぶん冬越しは難しいだろうと思って、花をズ~ッと付けたままにして楽しんでいました。

そうしたら12月頃から、まだ咲いているお花の先に花芽が伸びてきたのです。

Cimg0860a もしかして、また花が見られるかもしれない、と期待してリビングの窓辺に置き、寒い間中はビニール袋をかぶせたままにして水やりもひかえめにと、大事にしていたら、見事に温室なしでも咲いてくれました。

いただいた時より、お花が心持ち肉厚で小振り、ちょっとたくましくなった感じですが、ガンバッテ咲いてくれた胡蝶蘭に嬉しさいっぱいです。

| | コメント (8)

クレマチス・アーマンディーが咲きました

Cimg0886a 常緑で、クレマチスの早咲き種のアーマンディー(アップルブロッサム)が咲きました。

風に乗ってあたり一面に甘い芳香がただよいます。

はじめてアーマンディーを見たとき、花がいっぱい咲いていることにも驚きましたが、その甘い香りにもっと驚きました。

Cimg0885a 立派な株はお値段も張るので、小さな苗を植えつけて、3年目でやっとお花を咲かせてくれました。

庭作りは、夢作りみたいなもので、いつかこのお花がいっぱい咲いたらいいなーと、お花の咲く時を夢見て、ちいさな苗を植えていくのが又楽しみなんです。

Cimg0887a こちらはバイモユリ(貝母百合)です。

淡い黄色っぽい白色で、花の外側に緑色のすじがあり、内側に紫色の網目状の模様がはいってます。

編み笠百合ともよばれています。

クリスマスローズと同じで、お花がうつむいて咲くので、とても地味なお花ですが、わたしは大好きで、毎年少しづつ増えていくのを楽しみにしています。

Cimg0891a

| | コメント (10)

我が家の桜、桃、梅

Cimg0882a しだれ桜です。

昨年スーパーの店頭で、300円なんて可哀相な値段を付けられていたので、桜を植えるスペースなんか無いな~、と思いながらも買ってきてしまいました。

まだ細くてヒョロヒョロの枝に、かわいい花が咲きました。なんかウ・レ・シ・イ。

Cimg0852a この桃の木は、ご近所の方が鉢植えで育てていたのをいただいたので、庭植えにしたら大きくなりました。

まだやっぱりヒョロヒョロですが、かわいい花をつけてくれました。

Cimg0897a 黄梅(オウバイ)です。

梅に似た黄色い花を、垂れ下がった枝いっぱいに咲かせてくれます。

枝がすごく伸びるので、下を通る人の邪魔になると思い、何度も切ってしまうので花芽のできた枝もかなり切ってしまってます。

Cimg0746a

| | コメント (7)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »