« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

近場で森林浴♪

Cimg4740a 今日はラッキーが、朝から“行く気”充分で、ワンワンと催促しています。

たまにはラッキーの行くままに、とリードをまかせていたら、“市民の森”に連れてこられました。

Cimg4749a_2 “市民の森”っていっても、知らない人の方が多いかなぁ・・・。だって、いつ行ってもほとんど人と会わないものねぇ・・・。

Cimg4748a だ~れもいない小さな森で、、あっちへ行ったり、こっちへ来たり、ラッキーは大はしゃぎです。

Cimg4741a  足元にはドングリがいっぱい落ちていました。

こんな近場で、森林浴が出来るのだから、とてもいい気分♪です。

小鳥のなく声だけが聞こえて、ほんとにどこか森の中にきたみたい・・・。

Cimg4738b   見上げた空も、木陰の先に小さく見えます。まるで奥深い森で見上げる空のようです。

Cimg4759a ラッキーは好みの草を見つけたようで、さっきからこの場所で、一生懸命草を食べています。

ラッキー、もう帰るよ~。

Cimg4519a チャイナローズの粉粧楼が、また咲き出しています。

春にはもっともっと薄~いピンク色でしたが、秋のバラは中心のピンク色が濃くなって綺麗です。

粉粧楼は、雨や風に弱くて花びらが痛みやすいけれど、花付きがよくて、しょっちゅうお花を咲かせてくれるので、嬉しくなります。

昨年までは、まだ株に力が無くて花付きもあまりよくありませんでしたが、今年はほんとに良く咲いてくれて、随分と楽しませてもらいました。

粉粧楼は、地植えでは無理といわれてるので、鉢上げしようかと思っていましたが、こんなに綺麗に咲いてくれるようになったので、もう少しこのまま様子を見ることにしました。

| | コメント (16)

昨日は お祝い♪

Cimg4681a すご~く嬉しかったので、黙っていられなくなりました♪

【実は、6月の初めに夫に病気がみつかり、検査検査の明け暮れで、7月末の入院、手術と続き、8月半ばに無事退院はしたものの、経過が思わしくなく、再び9月初めに入院し、9月後半には一応退院したものの、まだまだ経過観察中、といった具合で、気持ちの落ちつく暇もありませんでした。】

10月半ば過ぎ頃から、やっと少しづつ、夫も元気を取り戻してきて、昨日は家族全員勢ぞろいで、お祝いの食事会が出来ました♪

そして、昨日は私の誕生日でもあったので、(大台乗りなので、ちょっと恥ずかしいけど・・・)プリンスホテルのディナーバイキングを、長男が一部屋予約してくれました。長男一家、次男夫婦、私達夫婦の全員での食事会も久しぶりです。

Cimg4736a Cimg4724aみんなが、私にお祝いのプレゼントをしてくれました ♪Cimg4737a Cimg4734a

やっとこの頃、落ちついてきましたが、今までずっと、正直、何も手につかない状態の毎日でした。

暑い最中に、ただ毎日洗濯物を持って病院と家を往復し、いま目の前にある、やらなければならない事だけをこなし、心ここにあらずの毎日を過ごしていました。

退院しても一向によくならない夫の体調に、どうすればよいのか、夫婦して迷路に迷い込んでしまったような毎日でした。

ブログがあったから、庭に出てお花を見ることもでき、それで少しは自分を取り戻せていたような気がします。そうでなければ、お花を見る心の余裕さえなくしていたでしょう。

子供達が近くにいてくれて、どんなに心強く思った事でしょう。お友達がいろいろと心配してくれて、どんなに励まされ、ありがたかったことでしょう・・・。

Cimg4725a_2 Cimg4676a 大台乗りのお誕生日なので、特別に、お友達からもプレゼントが届きました♪

素直に、嬉しくて有り難くて涙が出ます。

ほんとに 人生 一人では生きていけない。みんなに助けられて生きていけるんだな~と、つくづく感謝しています。

心配してくださった皆さん、やっと今までの大変だった事を、こうして話せるようになりました。ありがとうございました。

Cimg4665a そして、ラッキーにも“ありがとう”を言わなくてはなりません。

ラッキーと一緒に散歩することで、毎日毎日元気を分けてもらっていた私なんですから。

| | コメント (28)

かくれんぼ してるの~?

Cimg4571a ランタナのお花の中で、うさちゃんが かくれんぼ?

たった一株植えてあるだけの、オレンジ色のランタナなのに、日当たりの良いこの場所が気に入ったようで、

伸びて また、伸びて 

とうとう、うさちゃんも隠してしまいました。

Cimg4564a うさちゃん、見~つけた♪

ランタナを掻き分けて、うさちゃんを外へだしてあげました。

これで、お客様にご挨拶も出来ますね。

Cimg4561a その足元を飾ってくれているヒメツルソバです。

ピンク色の可愛い帽子みたいな、小さなお花をいっぱい咲かせてくれてます。

冬には無くなってしまいますが、根が残って、また春に芽を出してきます。

Cimg4559a 花壇の中から、毎年この季節に咲いてくれるこのお花はだぁれ?

薄むらさき色のデージーみたいなお花なんだけど、もう何年も前に植えたお花なので、すっかり名前を忘れてしまいました。

ご存知の方は教えてくださいね。

Cimg4650a 元気いっぱいに、庭を走り回るラッキーです。

捕まえようとする私のそばまで走って来ると、さっと方向転換して、ダーッと駆け抜けて、また方向転換して・・・と、ひとしきり一緒に遊びます。

若さいっぱいのラッキーで~す♪

| | コメント (20)

天高く・・・♪

Cimg4627a すがすがしい、いい天気なので、朝からラッキーと散歩です。

人気の無い河原で、ラッキーと一緒に空を見上げます♪

Cimg4625a 高いところが大好きなラッキーは、すぐにベンチに飛び乗って、“お山の大将”になりました。

Cimg4635a

澄んだ青空に白い雲が流れて・・・。思いっきり深呼吸をすると、心も晴れ晴れしました。

Cimg4632a

Cimg4637a

元気いっぱいに、あちこち走り回ったラッキーです。

いっぱい遊べてよかったね~♪

Cimg4589a カラスウリの実が真っ赤に熟して、まるでゴールドクレストの胸を飾るネックレスのようになりました。

可愛い赤い実がグリーンに映えてとても素敵です。

Cimg3345a これが、8月頃に咲いていたカラスウリの花です。

夜に開いて、朝には萎んでしまうので、中々見る機会がないけれど、レース糸のような細い線を広げたとても不思議な花を咲かせるんですよ。

| | コメント (24)

秋の日に友と語る

高校時代の友人二人と、久しぶりにランチしました。

卒業後、それぞれの道に進みながらも、旅行に行ったり、食事に行ったりと、友人四人と私の五人組で、しばしば会って楽しい青春時代を過ごしました。

その後、それぞれ結婚、出産と「人生いろいろ」を経験しながら、東京、千葉、栃木、茨城、埼玉と見事に生活圏を広げながらも、三年に一度、二年に一度などとたまの逢瀬を重ねながら、最近は年に何度か旅行や食事を楽しめるようになりました。

付き合いが長いからこそ、語らずに黙ってみて来た事も多かったように思います。それが、思いやりだったのか、心遣いだったのか、お互いに、相手の言わない事は聞かない付き合いをずっと続けて、今まで来たように思います。

それぞれの子供達も成人し、結婚し、親を見送ったり、孫が生まれたり、最近になって、「今だから、もう話したいよね・・・。聞いて欲しいよね・・・。」と、折にふれ自分達の「来し方」を語ることが増えました。

今だって、それぞれの抱えている問題はいろいろあります。でも、語り合える友がいるって、なんとありがたいことでしょう。お互いに踏み込みすぎなかった長い付き合いが、今のこの信頼関係を作ってきたように思います。

秋の深まりとともに、より一層色濃く、深みを増してきた庭の花たちを見ながら、人生の秋を迎えて、より一層深くなってきた友情に思いを馳せました。

Cimg4304b_2 「いらっしゃいませ」のお出迎えに、ポット苗の置き寄せです。

ピンク色のダンギクと赤いカランコエの組み合わせです。

いずれも見切り品コーナーから、ダンギクが75円、カランコエ100円が2ポットで200円、合計275円というリーズナブルなお値段でした。(笑)

Cimg4306a_2 ピンク色のダンギクは持っていなかったので、ちょっと嬉しい♪

まだもうちょっとの間、楽しめそうです♪

Cimg4300a 一緒に持ち帰った「つるこけもも」です。

小さな可愛い実が、とてもいい感じ♪

実ものって、コロンコロンしてて、見てて飽きないですね~♪

| | コメント (20)

色あざやかな秋の庭

Cimg4527a_3 秋が深まるにつれて、庭のお花たちは、ますます色あざやかに美しくなってきました。

宿根あさがおオーシャンブルーも、ますます花数が増えて、ピンク色から濃い紫色まで、思い思いに色を変えて咲いて、まるでたくさんの花を混植してあるように見えます。

今の季節は、もう一日中花が開いているので、暗くなるまであさがおの花を見ることができます。

Cimg4526a 日陰の庭を美しく彩って、シュウカイドウがたくさん咲き誇っています。

ここの通路はもうシュウカイドウのピンク色一色です。

Cimg4492a ここはラッキーの遊び場なのに、シュウカイドウに遊び場をとられ、これじゃあ遊べないよ~と、ラッキーは日中はデッキに避難しています。

Cimg4528a

ユキヤナギの下の円形花壇は、コリウスとランタナの天下です。

コリウスは挿し木して小さいのをあちこちに植えておきましたが、もうすっかり花壇の主役です。

ランタナは剪定もしないで放りっぱなしだったので、暴れ放題です。

でも、花をいっぱい咲かせてくれて、まだまだがんばっています。

写真ではちょっと見えないけれど、こぼれ種のトレニアが大きくなってブルー、ピンク、紫と色とりどりに咲いているんですよ。

Cimg4468a このコリウスは、私のお気に入りなので、部屋の中で冬越しさせて、春に挿し芽でたくさん増やしました。

秋の深まりと共に、ますます色あざやかになるので、この時期はとてもきれいです。

今年も、そろそろ冬越しの用意をしていかないと、朝晩はかなり冷え込むようになってきましたね。

なんだか夏が長かったので、寒さが来ると言うのが、どうもまだピンときません。やっと秋になったと思ったのに・・・。

| | コメント (24)

大好き♪ インボルクラータ♪

Cimg4460a_2 サルビアの仲間、インボルクラータが咲き出しました。

大きな葉っぱの形から、ローズリーフセージとも呼ばれています。

とても背が高くなって、1メートル以上の大きさになるので、フェンス際に植えて倒れないようにしています。

Cimg4467a とても変わった形の花で、パッと見た時は、丸い形の花と、細長い形の花の、二種類の花が咲いているように見えます。

濃いローズピンク色の花は、秋が深まるに連れて色濃くなり、とても綺麗で人目をひきます。

丸い蕾のように見えているのは花を包んでいる苞で、この丸い蕾が下の方から開いていって、その中から、この細長い筒状の花を咲かせているんです。

1_2 蕾の状態です。

2 蕾の下の方が開いてきて、中から花が覗いてるのが、わかりますか?

3 この、細長い筒の方が、花なんです。

Cimg4337a わりと耐寒性も強いので、地植えで越冬できます。株元は木質化して冬は枯れてしまいますが、初夏の頃にまた芽を出してきて、どんどん大きくなってきます。

とっても、不思議な可愛い花なので、咲いている花を見た人のほとんどが、この花の魅力にハマッテしまうようです。もちろん、私もこの花の魅力にハマッテいて、大好きな花なんですよ~♪

Cimg4489a 今日の、ラッキーです。

ここ何日か、ちょっとラッキーと遊んでなかったので、少し元気がなくなってきちゃったかな~。

ごめんね。ラッキー。

今日は、たくさん遊ぼうね~♪

| | コメント (24)

甘~い香りが・・・♪

Cimg4393a  “♪ この~木  なんの木~

      気になる木~ ♪”

の歌の木をイメージして、刈り込んでいますが・・・。

と、言っても素人の私のいいかげんな刈り込みです。(笑)

木全体にいっぱいの花をつけて、あたり一面に甘~い香りを漂わせてくれている、金木犀の木です。

Cimg4402a  一つ一つのお花はこんなに小さいのに、たくさん咲いているから、きっとこんなにも、あたり一面に香りがするんでしょうね♪

Cimg4410a

Cimg4442a_2 こちらは、もっともっと強烈に、甘~い香りを漂わせる夜香木(ヤコウボク)の木です。

お花は小さくて筒の長さが2センチ位ですが、昼は閉じたままで、夜になると花が開いて、とっても強い芳香を漂わせます。

夜香花(ヤコウカ)とかナイトジャスミンとか呼ばれています。夜来香(イェライシヤン)と呼ばれることもあります。私もいただいた方からイェライシャンと教えてもらいました。

まだ小さな鉢だったので、夜お部屋の中にいれておいたら、あまりの香りの強さに驚いてしまいました。

Cimg4434a お花はこんなに小さいお花なのに、鉢だってこんなに小さな鉢なのに、どうしてこんなにも強く香るんでしょう。

夜香木(ヤコウボク)の強く甘い香りを嗅いでいたら、月下美人の花を思い出しました。香りが良く似ていると思ったんです。

Epsn0020 三年前に撮った月下美人の写真です。

この株はあまりに大きくしすぎてダメにしてしまい、挿し木で作り直した株が今年初めて一つだけ花を咲かせたのに、写真を撮り損ねてしまいました。

来年はちゃんと写真が撮れる様に、ガンバリま~す。

| | コメント (18)

むらさき色の秋♪

Cimg4361a むらさき色の秋が始まりました。

むらさき色の秋は、アメジストセージが主役です。

1メートル以上に大きく育って、「私はここにいるわよ~」と、わがままな女王様のようにあばれて存在感をアピールしてきます。

でも、その美しいビロードのような肌触りのよいむらさき色のガクや花を見ていると、やっぱり素敵な花だな~と、思ってしまいます。

まだ今は花穂も小さくておとなしくしていますが、これからどんどん花穂が大きくなってくると、まるで波のウネリのように、庭の一角を占領してしまいます。

Cimg4354a_2 コムラサキの木も、むらさき色の小さな実をたくさんつけています。

この木は、紫式部といったほうが、ぴったりくる気がしますが、実際のムラサキシキブの木の実は、コムラサキの実よりもやや赤い実で、別の木です。

Cimg2959a これは、6月頃に咲いていたコムラサキの花です。

花はピンク色の可愛い花なんですが、コムラサキは、やっぱり花よりむらさき色の実の方が、主役といった感じがしますね。

Cimg4024a 種を蒔いて育てた千日紅も、赤紫色の花を咲かせています。

これものびのびと、かなり大きく育って、お花やさんでみかける千日紅とは違う雰囲気のお花になりました。

花が咲くのが遅かったせいか、赤紫の色が濃く、冴え冴えと秋の空気に溶け込んで見えます。

Cimg3602a 夏の暑い間、ちょっとお休みしていたバーベナ・テネラも、また咲いてきました。

グラウンド・カバーにもってこいの丈夫さで、春から秋遅くまでずっと咲き続けてくれてます。

足元に、こんな可愛い花が咲いているのを見ると、とっても幸せな気分になりますね♪

| | コメント (24)

秋の花、ハナ

Cimg4312a 我が家の庭にも、コスモスが咲きだしました。

コスモスはいいですね~。風になびく姿がとても好きなんです。

ほんとはダ~ッといっぱいのコスモス畑っていうのが一番好きだけど、そんなにたくさん庭で育てるのは無理なので・・・。

でも、たとえ少しでもコスモスの花が、庭で風になびいているのを見るのは嬉しいものですね。

Cimg4290a キバナコスモスも咲いています。

普通のコスモスよりも、ガッチリとしているので、あまり可愛い感じにはなりません。

キバナコスモスがいっぱい植えられている庭も綺麗だけれど、私の中のコスモス畑といったら、やっぱりピンクや白のコスモスたちですね~。

花盛りのコスモス畑を見ていると、なぜか心がワクワクしてきて、幸せな気分になれるんです。

Cimg4262a ホトトギスも、また咲いてきています。このホトトギスは、細い茎の先にとても可憐な感じの小さな花を咲かせます。

ホトトギスは、とてもたくさん種類があるみたいで、この花はいただきものなので、ちゃんとした名前がわかりません。この間のブログで「タイワンホトトギス」と紹介しましたが、違うような気がしてきました。

色々調べたら「江戸の花」という名前のホトトギスがありましたが、それによく似てるみたい・・・。

Cimg4298a この間、お花やさんで白のホトトギスを見つけたので、ワ~♪、嬉しい♪と、即、連れてかえりました。

Cimg4297a_2 葉っぱも、私の好きな斑入りです。

お花を楽しんだ後、庭のどこに植えようかな~と、あちこち見回しては考えています。

Cimg4273a このハナは?

ついでにパチリと、ラッキーのハナも♪

黒々と濡れているから、元気だね~♪

今日も可愛いラッキーです。

| | コメント (24)

トケイソウと小さな寄せ植え

Cimg4193a 涼しくなって、と言うか寒いくらいだけど、また元気良くトケイソウの花が咲き出しました。

夏に咲いたときより、色も落ち着いて花数も多いような気がします。

Cimg4132a 花はエキゾチックな雰囲気のある花で、それはそれでとても好きなんだけど、朝日を浴びて、膨らんできたこの蕾の感じが、なんだか、期待を胸いっぱいに詰めた若い心のようで、見ているとワクワクしてくるんです。

朝日にきらきら輝いている蕾を見ながら、なんて綺麗なんだろう、って、しばし見入ってしまいました。

Cimg4198a

このトケイソウの花は、玄関横に小さなアーチを作って絡ませてあるので、目線が下の方から花を見上げる感じになります。

そのせいか、とても不思議な雰囲気をかもしだしていて、咲いている花を、なんとか覗き込んでよく見てみたいと思わせられます。

なんでも、あんまり簡単に見れるものより、見難い方が素敵に見えるものかもしれませんね。

Cimg3538a  小さな鉢で作った「葉物の寄せ植え」が、きれいに色づいています。

二~三年前に作ったものなのですが、鉢が小さいせいか、あまり大きくなっていません。

白っぽく、ピンクっぽく、まるで花が咲いているように見えている葉が「ハツユキカズラ」

Cimg3542a

丸いオレンジ色の実を三つ付けているのが、「スノーサンゴ」という斑入りの「フユサンゴ」です。

そして黄色の斑入りの葉は、何だったのかしら。すっかり名前を忘れてしまいました。判っていらっしゃる方がいましたら、ぜひ教えて下さい。

| | コメント (10)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »