« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

久しぶりに コンサートへ♪

Cimg1191a 昨日は、お友達に誘われて、「クミコ」さんのコンサートへ行って来ました。

シャンソンの老舗「銀巴里」時代の話や、懐かしい70年代の歌たちに、とても素敵な楽しいひと時を過ごしました♪(コンサートあとのサイン会で、握手してもらって、ウフフ♪の私です)

シャンソンといえば、27日(金)NHKの「劇場への招待」で、ピーター主演の「越路吹雪物語」の劇場中継を見たばかりです。

そして、5月にもシャンソンを勉強しているお友達の発表会にも行ってきたりと、なぜか不思議とシャンソンづいているこの頃なんです♪

Cimg0845a

生い茂ってきた草花たちの中で、ウサチャン達が、隠れんぼしてしまいました。写真を写すのに、ちょっと草花をどけて、ウサチャン達を表に出してあげましたよ。

ビョウヤナギの黄色いお花、ツボサンゴの赤、銀葉のセントーレアの中から一つだけスイセンノウの赤い花が咲いています。

Cimg0867a

薄いサーモンピンク色の、可愛いお花を次々に咲かせてくれるマルバストラムです。

とっても可愛いお花なんだけど、どんどんツルを伸ばしてあっという間に場所を占領してしまいます。適度に切り戻して、おとなしくしていてね、とお願いするくらいなんですよ(笑)

Cimg1106a “お山の大将 我一人”

高い所が大好きな ラッキーです。

Cimg1111a

Cimg1104a あれ? なにか来るぞ~?

アレは、なんだ~?

危険だ!逃げろ~!

Cimg1112a

| | コメント (28)

多肉のお花たち~♪

Cimg1148a_2  思い出の「十二の巻き」に、お花が咲きました。

これは、もう十年も前の長男の結婚式の時に、新郎新婦が来場のお客様一人づつに手渡した、小さなカプセルの中に入っていた多肉ちゃんなんです。

先の尖った肉厚の細長い葉に、ゼブラのような模様が入っているので、「ゼブラ」とか、「スーパーゼブラ」とか呼ばれています。

Cimg1059a_2  十年の間に長男夫婦にも、ゼブラちゃんにも子供が出来て、可愛いお花も咲かせてくれてます。

細くて長い茎をス~ッと伸ばして、その先端にこんなお花を咲かせています。

Cimg1145a_4    こちらが、多肉の寄せ植えの 全体の感じです。ゼブラは、後ろの方に植えてあります。

寄せ植えの、後ろの方から、ゼブラの花茎が長~く伸びてきてるのが、わかりますか?

この寄せ植えは、冬に真っ赤に紅葉した様子を(1月26日記事)紹介してあります。

(多肉の名前とかは、良かったら、そちらの記事を参考にしてみてくださいね~。)

Cimg5859a_2  ちなみに、こちらが冬のこの寄せ植えの様子です。

初夏の今と比べると、色が全然違いますね。

Cimg1067b_2


エケベリア「七福神」も、長く茎を伸ばしてオレンジ色のお花を咲かせています。

足元に子供がいっぱい出来ているので、そろそろ株分けしてあげなくてはいけませんね。

Cimg1069b

Cimg9124a_2  同じエケベリアの仲間「朧月(おぼろづき)」も、こんな花を咲かせています。

この朧月は、とっても丈夫なのでで、冬も外に出したままで越冬してくれてます。

Cimg1143a_4 冬にガーデンシクラメンなどを使って寄せうえリースを作りましたが、季節も変わったので、リース台だけ再利用で、多肉ちゃんの寄せ植えリースを作ってみました。

家で育てている多肉ちゃんばかりを、とりあえず挿し木したりしているので、まだどう変えていくか、考え中です。

Cimg1139a このままでは色気が地味なので、サンキライの実があったので(これも、クリスマスリースで使ったものです)赤い実を、アクセントに挿してみました。

家にあるものばかりで作った、材料費タダの多肉リースが出来上がりました~♪

お店で売っている多肉リースとは、全然感じも違うけれど、こんな多肉リースも面白いかな~と、自己満足です♪

   

| | コメント (40)

“ ど根性 お多福さん♪ ”

Cimg1036a_2  ウズアジサイが、少しづつ色づき始めました。

このあじさいは、ガクアジサイの品種で、花びらのように見えているのはガクなんです。

このガクが、渦状になっていることから、ウズアジサイといわれ、又、この花びらのように見える、丸い肉厚のガクから連想されるのか、「お多福アジサイ」とも、呼ばれているんです。

ちょっと変わった、可愛いお花でしょう?

Cimg1017a そして、なぜ “ど根性 お多福さん” なのかというと。。。

実は5年前に、この場所にウッドデッキを作る事になった時に、このあじさいを根元からバッサリと切ってしまい、その上に、このウッドデッキを作ったんです。

当然、あじさいはもう駄目にしてしまったものと、あきらめていたのに、ある日、デッキの狭い隙間から、どんどんと茎を伸ばしてきて、花まで咲かせてくれたのです。

Cimg1029a “ど根性 お多福さん”の、足元の様子です。

この狭い隙間から伸びて、今では150センチくらいの大きさになっています。この場所では、あまり大きく出来ないので、毎年かなり強く剪定しているのに、たくさんの花を咲かせてくれるんですよ。

Cimg1015a

Cimg1023a 庭では、“墨田の花火”が、白色から薄いブルーへと、色を変え始めました。

隣に見えている赤い花は、斑入りのチェリーセージです。

“墨田の花火”の足元には、春早くに、綺麗なブルーのカーペットを見せてくれたスミレが、もうすっかり葉っぱだけになっていて、今度はグリーンのカーペットを作ってくれてます。

Cimg0460a チェリーセージには、いろんな種類がありますが、斑入りのチェリーセージは、ちょっと珍しいし、葉っぱだけ見ていても綺麗なので、お気に入りです。

この場所で、もう3年位経っていますが、少しずつ株も大きくなっていて嬉しいです。

Cimg0969a

Cimg0826a このあじさいは、ちょっとヤマアジサイの雰囲気も持っていて、薄いピンクの縁取りがとても可愛いと思っていたのに。。。

あれあれ~? いつの間にか薄い藤色にお色直しして。。。可愛い縁取りは、もうやめちゃったの~?

Cimg1020a

Cimg1080a_2  斑入りのガクアジサイも咲いています。

外に散った白いお花も可愛いし、真ん中にまとまったブルーの小さなお花は、キラキラと宝石のように光って咲いて、とっても綺麗なんです。

お花のない時は、葉っぱだけでも楽しめて、とても好きなあじさいです。

Cimg0591a

今日は、ラッキーも、“いのちの 洗濯”です~♪

Cimg0590a Cimg0589a

| | コメント (34)

たまには いのちの お洗濯~♪

Cimg0922a 昔ながらの仲良し4人組で、鬼怒川温泉に一泊旅行に出かけてきました。

JR池袋駅から、スペーシアきぬがわ号で約2時間で、もう鬼怒川温泉に到着です。

Cimg0923a“ のんびりしたいね“が、目的の旅なので、昼食をとって、そのまま「鬼怒川グランドホテル」にチェックインです。

美しい日本庭園を眺めながら、ピーチクパーチク♪ 楽しいおしゃべりの時は続きます。

Cimg0907a ゆっくり温泉につかり、食べきれないほど盛りだくさんの 美味しいお料理に舌鼓を打ちながらも、やっぱりピーチクパーチク♪ と、大騒ぎの私達です。

こんなに楽しく大笑いをしたのは、ほんとに何年ぶりでしょう。 皆で涙が出るほど大笑いした楽しい一夜。 気心の知れた仲間との、ほんとに心休まるこのひと時は、何ものにも代えられない “いのちの 洗濯” を してもらえました。ありがとうね! 仲間達♪

Cimg0933a_2   さて、次の日も良いお天気に恵まれて、「鬼怒川ラインくだり」に行きました。

面白い船頭さんの説明を聞きながら、周りの景観に見とれます。ほんとは川くだりの波しぶきを写真に撮りたかったけれど、カメラが濡れてしまうので、写せませんでした~。

Cimg0942a_2

楽しかったひと時は、あっという間に過ぎ去って、来た時と同じスペーシアきぬがわ号のボックスシートで、お料理レシピを公開したりのお勉強タイム(皆、そろそろ主婦の顔です 笑)も 持ちながら、帰路の旅につきました。

帰りの車中から、綺麗に色づいた紫陽花の群生が、あちらこちらで見られました。

Cimg0985a_2   我が家の紫陽花たちも、ほどよく色づいて お出迎えしてくれてます。

この紫陽花は、買ってきた時は、とっても鮮やかな紅色の紫陽花だったのに、やっぱり、家の庭では ブルーに変身してしまいました。

Cimg0997a でも、紅色のなごりをみせたこの色は、ただのブルーとも表現しずらく、紅味を帯びた微妙な色気は、不思議な魅力を持っています。

こんな風に、思わぬ色の変化を見せるのが、紫陽花の魅力なのかもしれませんね。

Cimg0004a

 お留守番だった

 ラッキーは

 ちょっと不満顔かな?

| | コメント (34)

雨の日も楽しく・・・♪

Cimg0716a 今朝も朝から雨模様・・・。

せっかく綺麗に咲いているミニバラなので、雨で花びらが痛む前に摘み取ってきて、お部屋の中で、オアシスに挿して楽しんでみました。

Cimg0707a 安曇野、グリーンアイス、夢乙女のミニバラ達と、セントーレアの葉っぱです。

お部屋がパッと明るくなって、雨の日も楽しくなりました。

Cimg0718a 庭では、ロリポップと小輪のサフィニアが、とってもいい具合にコラボしてくれてます。 まさに、自然が作ってくれたフラワーアレンジメントですね。

この小輪のサフィニアは、もう何年もこの場所で、春から秋遅くまでの長い間、お花を咲かせてくれてます。

Cimg0790a_2 カンパニュラの花も咲き出しました。 このカンパニュラは、耐寒性で根が残るので、毎年少しずつ増えて咲いてきます。

ちょっと、成長不足のピンク色のジキタリスと、赤いスイセンノウのお花が一緒にまわりを飾ります。

白のアスチルベの花も咲いてます。

シルバーの葉は、ラムズイアーです。 あまり目立たないけれど、ラムズイアーも小さなピンク色のお花を咲かせているんですよ。

Cimg0776a Cimg0805a

Cimg0740a 白のアスチルベの前には、ピンク色のモコモコしたアスチルベも咲いています。

同じアスチルベでも、たぶん種類が違うのでしょうね。 白の花は、スッキリと伸びて背が高く、ピンク色の花は、なぜかモコモコと足をあげて、ダンスを踊っているように見えるんです。

Cimg0848a ピンク色のユリも、花が咲き始めました。

下に咲いている黄色のお花は、イトバハルシャギクです、

遠くに見えるラッキーです。

最近、ちょっとリードを長くしてあげたので、今までは来れなかったこの場所が、ラッキーのお気に入りになったみたいです。

| | コメント (38)

6月の庭です

Cimg0569a_2


6月の庭は、バラのアーチからヤエウツギのアーチに変わって、華やかさが消えた分、それを補うように、風知草が、大きく茂り、黄金シモツケ・レインボーも綺麗な葉色を見せながら、ピンク色の可愛い花を咲かせています。

Cimg0857a

そして、なんといっても圧倒的な大きさで、綺麗な葉色を誇っているのが、ネグンドカエデ・フラミンゴです。芽出しの薄いピンク色と、白とグリーンの葉色の美しさは、花が咲いているかと見まごうほどです。

Cimg0856a そして、もちろんカシワバアジサイも、大きなピラミッド型の花を、ド~ンといくつも咲かせて、存在感をアピールしています。

Cimg0775

Cimg0511a 黄金シモツケ・レインボーは、春の芽出しの頃の赤い葉っぱも魅力的でしたが、明るいグリーンの葉に、ピンク色の小さなお花をいっぱい咲かせた今も、とっても魅力がありますね。

Cimg0512a

Cimg0577a

黄金シモツケの隣では、京かのこ の花が、都忘れ の花と競演しています。シルバーの葉は、セントーレアの葉っぱです。ピンクの可愛いお花が咲く予定ですが、まだ咲いてきていません。

京かのこ の花は、ピンク色の淡い粒が、パッとはじけた線香花火のような可愛い花です。

Cimg0516a Cimg0298a

Cimg0844_2 庭でくつろぐラッキーのところに

柴友のクッキー君が、遊びに来ました。

ラッキーが“ワンワン”怒るので、

クッキー君は、奥へ入ってこれません。

Cimg0849a

ラッキーは、

うちの庭では

いばってるんだね~。

| | コメント (23)

“涙のしずく”が 光ります・・・

Cimg0629a 今日も雨・・・

雨に打たれて咲く花たちの

“涙のしずく”が 光ります・・・

ホタルブクロ にも 三尺バーベナ にも “涙のしずく”が 膨らんで・・・

Cimg0612a Cimg0619a_2

Cimg0674a それでも、この季節に 雨が似合っているのは やっぱりあじさいの花でしょうか・・・

山あじさい の花が咲いて、少しブルーに色づきました。

まだ咲いてきたばかりなのに、もう白からブルーへと 変化をみせる この 山あじさい は、次にはどんな花色を見せてくれるのでしょうか・・・

Cimg0684a_2 やっと、花が開いた早咲きの百合、ロリポップ  も、花が咲いたその日から、もう雨の洗礼を受けてしまいました。

百合に支柱を立てておかなかったので、花の重みで茎がゆっくりと 寝てしまいました。

でも、都忘れ のお花のベッドの上で、幸せそうにも見える ロリポップ のお花です。こんな風に、自然な感じでお花を咲かせておくのも風情を感じていいものですね。

都忘れの花の下の エリゲロン は、降り続く雨のせいで なんだかグッタリしています。

Cimg0640a より、美しいお花を見ていただこうと、様子を見ているうちに、雨続きの天気のせいで、このまま出番を失ってしまいそうな、ちょっと出遅れた私のバラたちも、雨にも負けずに咲いているので、どうぞ見てやってくださいね。

少しの雨など、どこ吹く風のバラ 安曇野(あずみの) も、まだまだ綺麗を誇っています。

鮮やかなこのピンク色のバラが咲いてくると、庭中がパ~ッと華やかな空間に変わってしまうようです。

Cimg0638a 今日の 安曇野 にも、やっぱり綺麗な“涙のしずく”の膨らみが・・・。

そして、たくさんのお花を咲かせている 華やかな庭のもう一つの主役のバラ アンジェラ も・・・。

Cimg0695a

Cimg0459a

Cimg0692a_2  ちょっと遅れて咲き出したので、グリーンアイス は まだまだこれからが見頃です。

咲き始めは、このように白色ですが、徐々に緑色へと花色を変化させていきます。

蕾をいっぱい持っているので、満開になった時に、またアップさせてくださいね。

Cimg0705a_3 ミニバラ 夢乙女 も、小さな薄いピンク色のお花をたくさん咲かせて、とっても可愛いバラなんです。

どんどん成長してくれるので、この 夢乙女 も、挿し木して、アーチに絡ませてみようかな~。そしたらどんな感じになるかしら~と、私の心も まだまだ「夢見る乙女」です♪

| | コメント (32)

ブルー・ガーデン

Cimg0247a

ブルーガーデンは、しっとりと落ちついて素敵だな~と憧れつつも、なかなか花の色を限定する事が出来なくて、カラフルになりがちな私の庭なのですが、時として突然ブルーガーデンの趣きになる時があります。

緑の中で、デルフィニュームの空色、クレマチス・ニオベの赤紫、足元には都忘れが咲いています。忘れな草もまだ少し花を残して頑張っています。

Cimg0426a_2 濃い青色のデルフィニュームや千鳥草などが、大きく育ってきて、ブルーガーデンを彩っています。 Cimg0635a

A アーチの足元を飾っている鮮やかなブルーのお花は、ベロニカ・ブルーフォンテンです。

ブルーフォンテンは、宿根のベロニカなので、冬も外に出したままで、毎年元気に、綺麗な青い花を咲かせてくれます。

この鮮やかなブルーは、見るたびになぜかハッとさせられるほどの綺麗なブルーなんです。

Cimg0085a Cimg0081a

Cimg9838a_3 オオムラサキツユクサも、かなりの大株に育って、見ごたえのある紫色の大輪の花を咲かせています。

花色は、紫色と、白色を持っていますが、白色のオオムラサキツユクサも、花色が真っ白ではなくて、うっすらと青みを帯びた白色なので、とっても綺麗なお花なんです。

Cimg9840a Cimg9842a

Cimg0368a ラッキーも、今日は青みを帯びた白い土の上で遊びました。

いつも遊ぶ土砂置き場の土が、今日はこんな白い土だったんです。

なんだか不思議な場所に来たみたい~。

Cimg0369a Cimg0375a

| | コメント (34)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »