« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

ウグイスさんも 来ましたよ~♪

Cimg6819a

今年もウグイスさんが、やってきました。ウグイスさんは動きが素早くて片時もジッとしてません。一生懸命に写すのですが、うまく撮れません。この写真が一番上手に撮れた写真です(笑)

Cimg6780a

こちらはいつも来ているメジロちゃんです。こうやって並べてみると 違いがよくわかりますね。

このメジロちゃんは、どうやら この餌場を自分の縄張りにしているようで、大体一日中この近くにいて、ウグイスさんがくると どこからか急いでやってきて、ウグイスさんを追い払ってます。仲良くすればいいのにね~。

Cimg6329a_2 もちろん、ヒヨドリもやってきてます。でも、ヒヨドリはこの籠の中には入れないし、長いクチバシも籠の中のミカンにまでは届かないんですよ。

なんとも残念な顔をしているヒヨドリですが、ヒヨドリって近くで見ると結構綺麗な鳥だったんですね。うるさくて汚らしい鳥のように誤解してました~。

Cimg6416a

ラッキーが、「お気に入りのクツ」で遊んで欲しくて、私を誘っています♪

Cimg6410a 遊んでは欲しいのだけど、「お気に入りのクツ」はとられたくありません~。

お尻をあげて、戦闘準備OKのラッキーです。

Cimg6420a_2  「お気に入りのクツ」を

キュキュッと鳴らして、

放り投げては

追いかけて

いっぱい遊んで

ご機嫌になった

ラッキーです。

楽しい顔を

してるでしょ?

Cimg6656a_2  お花がないとやっぱり寂しいので、綺麗に咲いているシクラメンのお花を見てくださいね。

Cimg6660a

| | コメント (25)

“ 冬の庭の 華やぎ ”

Cimg6681a 寒い冬の庭でも、やっぱりお花は見ていたいですよね。

「いつの季節でもどこかで自然にお花が咲いている庭」をめざしている「ポエポエの花園」ですが、今の冬庭でも、ちゃ~んと咲いてくれているお花たちがいるので見てくださいね。

お出迎えをしてくれるのは、お馴染みのウサちゃん一家と、日本水仙です。この辺りにはいろいろな水仙の球根を植え込んでありますが、今の季節に咲いてくれているのは、まだこの日本水仙だけです。

Cimg6574a そして、今の季節の主役はなんといっても椿の花です。

明るく華やかに咲き誇っている椿のたくさんのお花は、まさに“冬の庭の 華やぎ”にふさわしいお花ですね。

以前、(もう25~26年くらい前の事ですが)山茶花の垣根を作りたくて、間違えて椿の苗をたくさん買い込んで植えてしまったお話を書きましたが、この椿が山茶花と間違えて買ってきた椿の木なんです。と、いうわけで、庭には大きく育った椿の木が垣根になって全部で四本もあるんです。

だから、冬の庭でもとっても華やか。この椿の花の蜜を吸いにメジロやウグイスたちが賑やかにやってきているんですよ。

Cimg6577a Cimg6694a

Cimg6565a

そして、私の大好きな冬咲きクレマチス・カシリナも、ひそやかに咲いてくれています。 クリスマスローズのお花がまだ咲いてこない私の庭で、クリスマスローズに似たこのお花は、ひっそり可愛く、でも華やかに庭を彩ってくれてます。

Cimg6569a_2

Cimg6558a そして、何度も登場でゴメンナサイのチロリアンランプです~(笑)

だって、一年中可愛いお花を咲かせてくれているんですもの~。「いつもいつも、ありがとう~」のお花です♪

真冬のこんな寒い中でも、たくさん蕾を持って 、元気いっぱいの華やかさんです。

Cimg6551a

Cimg6724b そして、もちろん

寒くても

元気いっぱいの

ラッキーです。

| | コメント (36)

真冬の紅葉です~♪

Cimg6255a 寒さが厳しくなるにつれ、ますます赤く紅葉してきたハツユキカズラです。

お花の少なくなった庭に、赤く紅葉した葉物たちは、パッと華やかに庭のあちこちを彩ってくれてます。

前に見えているのはハラン、後ろはクリスマスホーリーの木です。

Cimg6275b_2  おかめ南天も、まっ赤に紅葉しています。

ハツユキカズラの黒味を帯びた赤よりも、ちょっと明るめの赤なので、おかめ南天の方が華やかで綺麗です。

おかめ南天は、あまり背が高くならないし冬の紅葉が綺麗なので、好んで庭のあちこちに植えて楽しんでいるんですよ。

Cimg6259a_2

Cimg6428a ミニバラのグリーンアイスが、まだ頑張って咲いています。でも、葉っぱはやっぱり紅葉していますね。

グリーンアイスは、春の季節には白から緑に色が変わりますが、冬の季節には、白からピンクへと色が変わっていきます。

白のお花も、春のお花の時のように真っ白ではなくて、周りに赤い縁取りが見えてとっても可愛いです。

Cimg6540ab_3 白からピンクへ~。 Cimg6430a_2

そしてピンク一色に~。 

Cimg6524a 陽だまりのなかで

ぐっすりとお昼寝中の

ラッキーです

こんなにグッスリ寝てるのは

めずらしいです~。

Cimg6530a ラッキーの寝ているすぐそばで、いちごの葉っぱもまっ赤に紅葉してました。

紅葉したいちごの葉っぱも可愛いものですね。

| | コメント (36)

パステルカラーに包まれて~♪

Cimg6631a_4 「春の先どり」がしたくなって、パステルカラーのお花たちを「寄せ置き」にしてみました。

淡いピンク色のチューリップと、ミニ水仙ティタティタ、そして八重咲きプリムラ・ポリアンサです。

陽射しの中にみる淡いパステルカラーのお花たちは、夢見るような綺麗な春を一足先に感じさせてくれました。

Cimg6634a_2

Cimg6626a_2

Cimg6158a そして、八重咲きのストックが とっても綺麗だったので、ストックばかりを寄せ植えにしてみました。

白苗を3ポット、濃いピンク苗を2ポット植え込みました。1ポット120円の苗だったので、全部で600円ですが、とっても豪華に出来上がったので、大満足です。

Cimg6162a サンルームに置いておいたら、サンルーム中が甘~い香りでいっぱいになって、なんだかウキウキ、とっても嬉しくなりました。

Cimg6146a_2

Cimg5885a ラッキーは

サンルームの中から

お仕事中(?)

怪しいものが いないか

ちゃ~んと

チェックしてくれてますよ♪

| | コメント (42)

“メジロちゃん、いらっしゃ~い♪”

Cimg6058a 今年も、メジロちゃんがやってきましたよ~♪

入れ代わり立ち代わりに、何羽かがやってきてますが、ペアーで来ているのは、いつもこの子達です。

Cimg6031a 最初は用心して、一緒に籠の中には入りません。

Cimg6039a 敵がいないか、確認中です。

Cimg6033a ダイジョウブ~。

やっと一緒にミカンをつつきましたが、すぐ交代して一羽がまた見張りにまわりましたよ~。

Cimg6301a 庭では、沈丁花(ジンチョウゲ)の蕾が色づきはじめました。まだヒヨドリジョウゴの赤い実も残っていますが、さすがにもうシワシワでアップには耐えられません~(笑)

沈丁花の花が咲いて甘い香りが庭じゅうに漂うようになるのは、まだもうちょっと先の事ですね。

Cimg5739a

Cimg5918a

お散歩大好きラッキーは、

元気いっぱい走ります。

寒さなんて

ヘイッチャラです~♪

Cimg5913a

| | コメント (36)

ハンギングバスケット講習会

昨年の11月に、近くの公民館で「ハンギングバスケット教室」が開かれました。市報で募集があったので、申し込み受付初日の午後一番でお友達と申し込みにいったら、もう15名の受付は、朝一番ですぐいっぱいになったので、あと5名追加にしたところだったと言われ、ぎりぎり最後の一人で参加できることになりました~。フ~、あぶないところだった~。植え付け用のバスケットから、花苗(パンジー、ビオラ苗を16ポット)、土、水苔他、全部用意してくれて、1500円です。安過ぎですよね~。人気があるのも、うなずけます~。

A 用意してくれてあったバスケットと、花苗、土(肥料も混ぜて、ハンギング用に少し軽めの土になってるそうです)と水色のネットに入れた鉢底石です。

Cimg4747a Cimg4748a 鉢底石をネットに入れたものは、このままネットから出さずに使います。植え替えの時に軽石が散らからないようにする為で、こうしておけば何度も再利用しやすいからということでした。

そして、500ミリリットルのペットボトルをナナメ切りしたもの(これは鉢に土を入れるのに使います。シャベルより使いやすいです)そして、割り箸は割らずにそのままで、鉢の土を入れた後に土を安定させるのに、使いました。

花苗は、一番下から順番に使っていくように、上のカゴにちゃんと並べてくれてあります。最初にバスケットの切り込みの場所に内側からスポンジを貼って、きちんと貼れたら外側から土を塗りつけておくんです。こうすると苗を入れたときに、糊でべとつかずに楽なのだそうです。

花苗はポットから出して、かなり土を落としました。根鉢を小さくしないとたくさんの花苗をポットに入れることは出来ないですものね。花苗を入れて土、又花苗を入れて土と繰り返し、全部の花苗を植えつけたら、その上からたっぷり水苔で覆っておきます。ハンギングバスケットの上にかなり花苗が盛り上がっている状態なので、これで大丈夫なのかとちょっと心配になりましたが、水苔でしっかり覆うので大丈夫ということでした。そして出来上がったハンギングバスケットがこれです。作ってから、もう2ヶ月程経っているので、かなり丸くこんもりとしてきました。

Cimg5731a_2  ハンギングバスケットを作ったのは初めてだったので、とっても嬉しかったです♪出来上がりも大満足。みんなニコニコして、自分の作ったハンギングバスケットを大事に持って帰りましたよ。

そして先月、忘れないうちにもう一つ、今度は吊るすタイプのハンギングバスケットも作っておきました。こちらはもう少ししないと、まだ落ちつかない感じですね。

Cimg5723a_3 

ラッキーは、何見てるのかな~?

Cimg5872a 

| | コメント (40)

“ヤギさ~ん 久しぶり~♪”

Cimg5934a

Cimg5971a いつもの河原にお散歩にいったら、ヤギさんが遊んでました。

“ヤギさ~ん、久しぶり~♪ 一緒に遊ぼうよ~♪”

ヤギさんの側まで行って、一緒に記念撮影しました。前に会ったのは去年の9月でしたから、ほんとに久しぶりでした。

ラッキーは、ヤギさんのことも吠えたりしないで、いつも自然体です。不思議な子ですね。

Cimg5904a

去年の「父の日」に長男が盆栽を送ってくれたのですが、中央で一番立派だった松が、すぐに枯れてしまいました。それで、空いてしまった場所に花の終わったガーデンシクラメンを植えておきました。あまりかまわないでおいたのに、ちゃ~んと夏越しして、まっ赤なお花を咲かせてくれました。盆栽の中のシクラメンも風情があって、なかなかいいものですね(笑)

Cimg5677a_3 庭のハツユキツユクサ(初雪露草)が、 綺麗に色づいて、まるでお花が咲いてきたようです。

暖かいうちは、グリーン一色の普通の露草の葉っぱですが、寒さにあうと茎の先端の方に白や紅紫色の斑が入ってきて、とても綺麗です。

ただ、あまり寒くなると霜にやられて枯れてしまいます。そこで今年は早めに先端の綺麗な葉を切り取って水揚げしてから鉢植えにしてみました。

ずっと綺麗でいてほしいな~♪

Cimg5812a

| | コメント (41)

“ 新春の リース ”

Cimg5848a “ 新年 明けまして 

おめでとうございます

今年も 元気に 楽しく

素晴らしい一年を過ごせますように~。

今年も どうぞよろしく お願いします ”

これは、門松がわりの 門扉飾りです。

竹を花器にして節の所まで水を入れて、松、葉牡丹、南天と黄菊を飾りました。

南天の葉と黄菊は、庭から切ってきました。

Cimg5843a

“ 新春のリース ”は、いつものお花の仲間達と楽しくおしゃべりしながら作りましたが、簡単そうに見えて、これが結構手間がかかったんですよ。

オアシスのリース台を使って、松葉をリース台一面に一つづつ差し込んであります。皆で楽しくおしゃべりしながらでも、一面を松葉で埋め込む作業は、なかなか根気が要りますね。たくさんの松葉を使うので、ちょっと松葉も足らなくなりましたが、ご愛嬌です~。

松葉の緑と、まっ赤な南天の実のコントラストが、スッキリとしてとっても素敵です。でも、お正月なので、帰ってきてから庭を見渡して、まだ頑張っていた白い山茶花と黄菊も一緒に仲間入りさせてあげました。

オアシスのリース台なので、お花をいろいろ差し替えてあげると、これからしばらくの間楽しめそうで嬉しいです。

Cimg5832a_3   お正月の生け花は、松と南天の実を使って、写真では分かりづらいのですが波のうねりのように、松を生けてあります。

手前のスチールグラスの細い葉が動きがあって素敵なのですが、写真には うまく撮れませんでした。

右端の隅は、空間スペースで本来、空けておきますが、ここにも私は庭で咲いていた日本水仙と黄菊を入れてしまいました(苦笑)

空間の美、簡素の美を理解するには、まだまだ修行の足りない私です~。先生はそんな私の生け方でも、いつも笑って見ていてくれてます。同じ花材を使って生けても、やっぱり少しづつ個性は出てくるようで、面白いものですね。五人の仲間と一緒に過ごす楽しいお花の時間が、今年も楽しみです。

Cimg5895   

| | コメント (40)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »